一般会社員の映画レビュー

現在ブログpv数/月間/6000pv突破中!/一般会社員2名によるお昼休みにそうだ!ブロガーになろう!という意気投合し活動開始。主に映画レビュードラマ予想と感想を記事にします。movie/cinema/nastokyo2017/感想ネタバレ/ツイッターアカウント@nastokyo2017

最速レポ!「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」ネタバレ感想 まさかのあのキャラが登場!?

f:id:nastokyo2017:20170716220530j:plain

 

ポケモン20周年の御年、まさに原点回帰ともいえるこの作品、公開日をいまかいまかと待ちわびて小さなお友達にまぎれて早速観に行ってきました!

 

 

f:id:nastokyo2017:20170716222615j:plain

 

パンフレットもばっちり購入OK!!

今作は予告映像から初代リメイクだと噂されていましたが、

パンフレット内でのインタビューで湯山監督は

「remake」ではなく「refine」だと答えています。

20周年でサトシとピカチュウの友情を再確認する、そんな映画です。

2人の出会いから物語は始まりますので、ポケモン初心者でも楽しく見れるかと思います。

 

 

あらすじ

 

nastokyo2017.hatenablog.com

 

 

マサラタウンに住む少年サトシは、10歳の誕生日を迎え、ポケモンマスターになるべく、ピカチュウとともに旅に出る。人に懐かずいうことを聞かないピカチュウと、それでも仲良くしようとするサトシだが上手くはいかない2人の関係。

しかし、オニスズメの群れに襲われたことで状況は一変する。

ピカチュウを守ろうとサトシが一人でオニスズメに立ち向かう。そんなサトシの姿を見て心を開いたピカチュウはサトシと協力しオニスズメを追い払うことに成功する。

そんなさなか、上空には虹がかかり、伝説のポケモンホウオウが飛び去ってゆく。

空から舞い落ちた虹色の羽を手に、いつかホウオウに会いに行くことをピカチュウと約束するのであった。

 

 

※※以下ネタバレ含む感想です※※

当時のポケモンを見ていた世代の心を鷲掴みの演出盛沢山!

 

物語はアニメの1話と全く同じサトシが10歳の誕生日を迎え、

オーキド博士ポケモンを貰う所から始まります。

 

そういやサトシってまだ10歳なのね~

時の流れは早いなあと思います。

 

その後の流れはアニメ1話とほぼほぼ同じです。

ピカチュウと和解して~ホウオウに出会って~と。

とても懐かしく感じます。

 

ここまでがオープニングです。

 

オープニング曲は「めざせポケモンマスター」です。

このオープニング曲と映像がとにかくリアルタイムで当時ポケモンを見ていた層を

ターゲットにしているような演出です。少年時代を思い出して正直うるっとしてしまいました。

 

本作では当時ポケモンをリアルタイムでみていたであろう層の心をグッと掴むような

シーン、演出が盛沢山なんです。

 

例えば、

本作はほとんど初代のポケモンしか出てきません。

サトシの手持ちもピカチュウキャタピーヒトカゲのみです。

エンドクレジットでは懐かしいあの人が!!

クオリティの高いバトルシーン


今作のバトルシーンは圧巻です。

炎タイプ同士のぶつかり合いって本当に燃えますよね。

少年時代の熱い思いを蘇らせてくれます。

クライマックスのバトルは泣きそうになります。

 

ただひとつ、キャタピーの酷使を除けば…

 

作中ではサトシのポケモンピカチュウヒトカゲキャタピーの3匹のみです。

ゆえにキャタピーにも出番がちょくちょく回ってくるんです。

野生のカイロスに戦いを挑んだたサトシはこう言います。

 

サトシ「よ~し!虫タイプには虫タイプだ!」

 

おいおい冗談だろう…、キャタピー出すのか?イジメか?

 

サトシ「いけっ!キャタピー!」

 

いったああああああ!カイロスはさみジョキンジョキンしてるしキャタピー死ぬ!

 

上記のような指揮系統の乱れがまあまあありますが、

おおむねバトルはクオリティが高いので見どころ抜群です!

 

 

闇落ちサトシが見てて結構つらい

今回は友情が大きなテーマのため、

サトシとポケモンたちの間にも亀裂が走ったりします。

しかし、これが見てて結構つらい!大人でもつらい!

サトシの口から、「リザードじゃなかったら勝ててたんだ!」とか

「最初に選んだポケモンフシギダネゼニガメだったらよかったのに…」

などと暴言吐きまくります。ダークサイドに堕ちたサトシは大人の私からしても

胸が締め付けられるように辛かったですね。

 

 

スーパーマサラ人サトシ

 

サトシといえば超人的能力の持ち主で例えば


生身で宇宙にったり、マグマにジャンプしたり、伝説のポケモンの拘束を自力で解いたりと上げたらキリがないですが、今作でも健在です。というかそれ以上です。

 

詳しいことはいえませんが、レベルでいえば

スーパーマサラ人ゴッドレベルです。

正直ポケモンより強いと思います。

 

 

瞬き厳禁!?隠れキャラが結構いる!

初代をイメージしているだけあって実はいろんなキャラが登場しているのです。

正直しっかりみないと確認できないキャラばっかりです。

 

1.シゲル

オーキド博士からポケモンを貰うシーンで、

ゼニガメを貰っていった少年の後ろ姿…

サトシのライバル、シゲルだああああああああ!!!!ってなりました。

 

2.キクコ(四天王)

とあるシーンでサトシは学校で授業を受けていますが、

教壇に立つその姿、オーキド博士と旧知の仲である

四天王、キクコだああああああああああああああああ!!

 

3.ミュウツーの逆襲に出てきたキャラ、スイート ソラオ

カメックスフシギバナでバトルを繰り広げる男女。

よく見たらスイートとソラオだあああああああああ!!!

 

こういうしっかりみないと分からない演出っていいですよね。

あそび心があって私は好きです。

 

ピカチュウ可愛すぎ!

今作のピカチュウは本当にかわいいです!

サトシの身をずっと案じるその姿、まさに深い友情で結ばれた2人だなと再確認できます。

サトシのことを身を投じてかばったり、サトシの帽子をかぶったりと、本当可愛いです。

しかも今作のピカチュウ、物語のラストで驚きの行動を取るんです!!

えええええええええ!?!?!?みたいになるんで是非劇場で確認してください!

 

 

 

 

その他の記事も読む↓

 

nastokyo2017.hatenablog.com

nastokyo2017.hatenablog.com

nastokyo2017.hatenablog.com

nastokyo2017.hatenablog.com

nastokyo2017.hatenablog.com