一般会社員の映画レビュー

現在ブログpv数/月間/6000pv突破中!/一般会社員2名によるお昼休みにそうだ!ブロガーになろう!という意気投合し活動開始。主に映画レビュードラマ予想と感想を記事にします。movie/cinema/nastokyo2017/感想ネタバレ/ツイッターアカウント@nastokyo2017

映画「東京喰種トーキョーグール」-TOKYO GHOUL-公開決定 予想と感想 実写化しすぎww

f:id:nastokyo2017:20170321174348j:plain

 


公開予定:2017年7月29日
監督: 萩原健太
原作: 石田スイ「東京喰種トーキョーグール」
脚本: 楠野一郎

 

漫画家・石田スイのデビュー作、
2011年より週刊ヤングジャンプ
人気連載中のコミック『東京喰種トーキョーグール』が
実写映画化されることが決定。

人肉を食べて生きる怪人「喰種(グール)」が
はびこる東京を舞台に、喰種(グール)に
襲われて半喰種になった主人公・金木の葛藤と戦いを描いた
人気SFサスペンスです。
清水富美加さんがなんとヒロインに抜擢!これは楽しみです。

 

 

 

あらすじ

人を喰らう怪人"喰種(グール)"が跋扈する東京。
日常に隠れて生きる、正体が謎に包まれた"喰種"の脅威に、人々は恐れを感じ始めていた。
読書好きの平凡な大学生・カネキは、通い詰める喫茶店「あんていく」にて、

自分と同じく高槻泉を愛読する少女・リゼと出会う。
自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに…。
人間の命を奪い、喰い生き永らえる怪人の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、

あるべき世界のあり方を模索する青年の未来は――!?

 

映画館で観る前にアニメや漫画どれを観ればいい?

 

f:id:nastokyo2017:20170321175325j:plain

東京喰種トーキョーグール Blu-ray BOX ≪初回生産限定商品≫

東京喰種トーキョーグール Blu-ray BOX ≪初回生産限定商品≫

 

 

 

おすすめはアニメです。

12話で前半、残り12話で完結します。

前半12話だけでも見所も多く、あっと言う間に終わってしまいます。

時間もアニメのTVサイズなので1話が25分ほどで観れちゃいます。

後ほど紹介もしますがなによりBGMとイラストと声優さんどれも神がかっています・・・

 

目次

①登場人物とキャスト
②アニメはここが面白い
③謎の多い喫茶「あんていく」
④入り込めるアニメ世界観
⑤そこが大事!気になるBGM

 

 

 ①登場人物とキャスト

窪田正孝が演じる主人公、金木

 

f:id:nastokyo2017:20170321174348j:plain

 

2016年には映画『64 -ロクヨン-』『MARS〜ただ、君を愛してる〜』などに出演しています。2015年に放送されたドラマ『デスノート』では主人公の夜神月を演じ、その高い演技力で注目を集める。

原作者の石田スイも納得のキャスティングだということで、「演技の素晴らしさはもちろん、『カネキが実際にこの世界にいたらこういう感じ』というキャラのイメージぴったりのお姿で」とのこと。

 

清水富美加演じるヒロイン・霧嶋董香(きりしまとうか・通称トーカ)

f:id:nastokyo2017:20170322093030j:plain

 

半喰種となってしまった金木がアルバイトすることになる「あんていく」の先輩店員。先輩といっても高校生で、金木よりも年下である。生まれながらの喰種であり、もともとは人間だった金木を警戒していましたが、次第に打ち解けてパートナーのような存在になります。

ヒロイン・トーカを演じるのは、朝ドラ『まれ』で注目を集めた女優・清水富美加。演技だけでなく、自由奔放で明るいキャラクターからバラエティでも活躍し「ふみカス」の愛称で親しまれていました。

 

実写映画『東京喰種トーキョーグール』その他キャスト

 

神代利世(リゼ)/蒼井優

f:id:nastokyo2017:20170322093514j:plain

 

金木が喰種になる原因となった女性であり物語のカギを握る人物です。

誰彼構わず人間を食べてしまうため「大喰い」と呼ばれ、恐れられ、

その正体についてはあまり詳しく知られていない。

物語の運命を変える人物としてリゼの配役は注目されていましたが、

女優の蒼井優が務めることが決定する。

 

蒼井優岩井俊二監督作品『リリイ・シュシュのすべて』でスクリーンデビューしてから、独特な雰囲気と演技を武器に数々の作品に出演。

2016年12月公開予定の『アズミ・ハルコは行方不明』では主人公・安曇春子を務めることが決まっており、山田洋次監督の続編『家族はつらいよⅡ』にも引き続き出演する予定です。

f:id:nastokyo2017:20170322093651j:plain

そんな蒼井優は実写映画『東京グール』に出演することに対して以下のようにコメントを寄せてます。

私のまわりでもとても話題になっている作品で、知人から「面白いから読んだ方がいいよ!」と強く薦められたばかりだったので驚きました。漫画原作の実写化が難しいことに変わりはないので、映画がその壁をどう超えるのか楽しみです。

キャストを聞いたときは、もう少しアダルトなキャラを期待しましたが、、

例えば、、吉瀬美智子とか?ですが、この写真を観るとイメージぴったりですねw

 

亜門鋼太郎/鈴木伸之

f:id:nastokyo2017:20170322094533j:plain

 

亜門鋼太郎は喰種対策局に所属する上等捜査官です。人間側の主人公的立場に当たります。喰種のドナート・ポルポラに育てられた過去があり、なぜドナートが自分を餌食にしなかったのかを知るため喰種を追っています。

そんな亜門鋼太郎に挑戦するのは俳優の鈴木伸之。2010年にEXILEボーカルオーディションに落ちるも、その後劇団EXILEとしてデビューしています。俳優デビューしてからはドラマ『GTO』や大河ドラマ『花燃ゆ』、映画『桐島、部活やめるってよ』など数々の話題作に出演。

最近ではEXILEのHIROがプロデュースしたメディアミックス作品『HiGH&LOW』でヤマトを演じました。今後も俳優として活躍していくと思われる鈴木は、本作出演に対して以下のようにコメントしました。

原作の一ファンとして、亜門鋼太朗がすごく素敵で魅力的な登場人物なので、身を粉にして今回演じさせていただきます。
真戸役に大泉洋さんとこの上ない方と、CCG側をしっかりチームワークを持ってやらせていただければと思います。

 

真戸呉緒/大泉洋

f:id:nastokyo2017:20170322094850j:plain

 

喰種対策局のベテラン捜査官である真戸呉緒は亜門とコンビを組んで行動する。同じく捜査官であった妻が“隻眼の喰種”によって殺されてしまったことから、隻眼の喰種への復讐を誓う。

真戸呉緒に扮するのは俳優の大泉洋。彼の何に対しても臆せず発言するキャラクターは多くの人から愛され、TEAM NACSに所属し、映画・ドラマ、バラエティ番組から声優まで幅広く活躍しています。

記憶に新しいのが2016年4月に公開された『アイアムアヒーローI  AM A HERO』。本作は花沢健吾による漫画の実写化でした。また2017年に山田涼介主演で実写化される『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』ではショウ・タッカーを演じることも決まっています。

本作への出演に対しては以下のコメントを寄せています。

真戸呉緒を演じさせて頂けることは役者として大きな挑戦であり、非常にやりがいを感じています。役と真摯に向き合い、皆さんの想いに応えられるように全力で頑張ります。

 

 

 気になるキャスト!?

f:id:nastokyo2017:20170322095834j:plain

 

芳村「あんていく」の店長であり、半喰種として思い悩む金木のよき理解者であります。優しく冷静な立ち振る舞いで喰種のなかでも一目置かれた存在です。

しかしながら、金木のことを気遣いながらも金木とリゼの事故の真相を知っているようなふしもあり、謎多きキーマンといえるでしょう。

f:id:nastokyo2017:20170322100322j:plain

 

アニメ「亜人」の「帽子の男・佐藤」とキャラが被る・・・

あんていくの芳村さんを見る度に帽子の男を思い出すのは私だけでしょうかww

 

②アニメはここが面白い

f:id:nastokyo2017:20170322100714j:plain

 

とにかくヒロインの霧嶋董香(きりしまとうか・通称トーカ)が可愛すぎる。

強くも美しく時に可愛い!!!これはぜひアニメで見て欲しい。

 

もう一つの見所はカネキの成長。

1部も2部も最近のアニメはほとんどが25話構成なので、非常にテンポよく物語が進んでいきます。

忙しい人でも電車で1話観れるような、ストーリーなのでカネキが毎週強くなっていきますww

 

f:id:nastokyo2017:20170322101154j:plain

 

③謎の多い喫茶あんていく

f:id:nastokyo2017:20170322102013j:plain

 

 

物語はここで始まりここで終わるといっても過言じゃないくらい。

喫茶あんていく、この場所が登場人物たちの居場所となる。

店長は謎の多いキーマンの芳村さん。なんでも知っているかのような目をしています。

そこで働くのは、ヒロイン霧嶋董香(きりしまとうか・通称トーカ)。

主人公のカネキもこの場所で出会うことになり、また主人公の運命を変えてしまう、

カネキをグールにした人物、リゼもここで読書をしている所、カネキと出会う。

 

そして主人公カネコやその他のグールの中で人間を食べたくないグールたちはここで働くことになります。清水富美加さんにもピッタリの場所なんです!

 

f:id:nastokyo2017:20170322102602j:plain

 

④入り込めるアニメの世界観

f:id:nastokyo2017:20170322103455j:plain

 

物語は東京から始まる。

喫茶あんていくでタイプな女性と運命的な出会い、彼女と距離を縮めたカネキはデートをするが、実はグールだった彼女にデート帰りに襲われwwグールになってしまう。

f:id:nastokyo2017:20170322103733j:plain

 

カネキがグールになってしまい「人間が食べたい」という葛藤の中、現実が受け入れられないままの場面でエンディングがやってきますww

f:id:nastokyo2017:20170322103558j:plain

毎週、「あ~~~~!!!!!」ってなります。

主人公の気持ちに感情移入しやすくなっています。

f:id:nastokyo2017:20170322104117p:plain

 

主人公金木の数少ない友達の1人ヒデ。

彼は何も知らないが親友の勘が良かったため、金木になにかあったとすぐに感じていながら、平凡な友達を装う。

金木は自分がグールで本当は今すぐにでも人間が食べたいなんてことは絶対に言えないまま、隠し通すことにし、物語は進んでいく。

 

物語後半でこのヒデが衝撃的事実を口にするキーマンの一人です。

 

 

f:id:nastokyo2017:20170322104013j:plain

⑤そこが大事!気になるBGM

 

unravel by TK from 凛として時雨がOPをうたっています。

毎週絶妙なタイミングで流れます。漫画では味わえない世界観に入り込めます。

 

unravel

unravel

 

 

こんな人におすすめです!

 

f:id:nastokyo2017:20170322110342j:plain

寄生獣好きな人はトーキョーグールも面白いかも!ただのパクリなどではない。

どちらも観点があり、たしかに似ているが同ジャンルではない。

 

漫画「寄生獣」ファンの方、賛否両論あるかもしれませんが、同じく人間の価値観や、

種族、生物であることの尊さが伝わる大人気コミックです。

こちらも同じく漫画、アニメ、実写映画化しています。その内どこかでレビューしたいと思いますw

 

 

 

 

 清水富美加さんの出演NG説!?

f:id:nastokyo2017:20170322111521j:plain

 

清水富美加さんですが最近、「幸福の科学」に千眼美子(せんげん・よしこ)として出家騒動、映画「東京喰種トーキョーグール」の出演NG?と話題になりました。

 

ヒロイン役 霧嶋董香(きりしまとうか・通称トーカ)として人肉を喰うシーンがあり、以下のように発表していました。

「最近は、人肉を食べる人種の役柄など良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていました。仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついには心身の不調をきたすまでになりました。この2月には、医師による診断の結果、休養が必要となり、現在は芸能活動を中断しています」

これらを暴露した内容を宗教団体「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加さん(22)が、法名の「千眼美子(せんげん・よしこ)」として著した暴露本『全部、言っちゃうね。』が2017年2月17日に緊急発売された。

 

全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~
 

 

 公式ホームページによると以下の通りです。

関係各所との協議の結果、
映画「東京喰種 トーキョーグール」は、
当初予定の内容通り、
7月29日(土)に全国公開を致します。

喰種(グール)と人間のドラマ、
作品の持つ強いテーマを、映画を通して伝えたい。
その想いは、決して変わることはありません。

私たちの想いは、すべて映画に込めました。

 

  

実際に『全部、言っちゃうね。』を読んでみましたが、彼女の人生観、人間であることの価値観、考え方をすごく尊敬しました。
そして今回のトーキョーグールも命の尊さ、人間であることの素晴らしさがしっかり描かれていて、またその中でもヒロイン役 霧嶋董香(きりしまとうか・通称トーカ)はかなり重要な人物の1人です。
だからこそ、トーキョーグールは確かに人肉を喰うシーンのあるグロテスク漫画かもしれませんが、本質はそこではないので、彼女にこのまま演じて欲しいと思う。
 

 

nastokyo2017.hatenablog.com

nastokyo2017.hatenablog.com