一般会社員の映画レビュー

現在ブログpv数/月間/6000pv突破中!/一般会社員2名によるお昼休みにそうだ!ブロガーになろう!という意気投合し活動開始。主に映画レビュードラマ予想と感想を記事にします。movie/cinema/nastokyo2017/感想ネタバレ/ツイッターアカウント@nastokyo2017

映画「LA LA LAND」ネタバレ感想 話題の米アカデミー賞最多14ノミネート受賞作品︎ 絶対!映画館で観たい!

映画「LA LA LAND」ネタバレ感想 話題の米アカデミー賞 最多14ノミネート!!! 最新の話題作 絶対!映画館で観たい!映画シリーズ!

f:id:nastokyo2017:20170315120345j:plain

2016年11月9日 (フィリピン)

監督:デミアン・チャゼル


全国の劇場で上映中、タイタニックぶりの名作全米が評価した

史上最多14部門ノミネート。

映画レビューアプリFilmerks現在☆4.2の支持を得る。

デイミアン・チャゼル監督作品

ゴールデングローブ賞史上最多7部門受賞。

史上最多7部門受賞というのは1975年『カッコーの巣の上で』と、1978年『ミッドナイト・エクスプレス』の6部門受賞の記録を塗り替え、さらに今回監督賞を受賞したデイミアンチャゼルは1972年『ゴッドファーザー』を32歳で受賞したフランシス・フォード・コッポラ監督を超える歴代最年少での監督賞受賞となったそうです。

 他にもヴェネツィア国際映画祭でエマストーンが主演女優賞を受賞、トロント国際映画祭では最高位である観客賞を受賞しています。

  • 作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
  • 主演男優賞:ライアンゴズリング(ミュージカル・コメディ部門)
  • 主演女優賞:エマストーン(ミュージカル・コメディ部門)
  • 監督賞:デイミアンチャゼル(最年少31歳)
  • 脚本賞:デイミアンチャゼル
  • 作曲賞
  • 主題歌賞[City Of Stars]

 

話題の最新作「LA LA LAND」を観てきた!

f:id:nastokyo2017:20170315121617j:plain

f:id:nastokyo2017:20170315121715j:plain

極上のミュージカルに華やかな色彩。
全ての夢追い人達に向けての応援歌。
誰もが魅了される心踊るjazz。

 

惜しくもアカデミー賞作品賞ムーンライトでしたが・・・

作品賞をLA LA LANDと読み間違えるというハプニング賞(冗談)まで受賞 w w

 

そんな話題作をレビューしていきます。
※以下ネタバレ含みます。

 

 

 

ファン必見5つの見所。

  1. 魅了される壮大なオープ二ング
  2. 主人公と共に変化する「音・色・心」
  3. 物語に描かれる夢と現実
  4. 感動のラスト8分間
  5. 監督別作品「セッション」と比較

 

 


1.魅了される壮大なオープ二ング

f:id:nastokyo2017:20170315121241j:plain


現実と地続きにある夢のような世界を圧倒的彩度で描く『ラ・ラ・ランド』は、LA名物ハイウェイの大渋滞という圧倒的現実で幕を開ける。

身動きの取れないハイウェイのど真ん中。そこに閉じ込められた人々の多くは、仕事か日用品の買い出しに向かう途中かもしれない。退屈であくびが出るようなルーチン的風景は、1人の女性がとある男性との別れを懐古する歌い出しで始まる”Another Day of Sun”を持って一転。「新しい日の始まり」を歌う”現実”賛美歌の群舞ともに、『ラ・ラ・ランド』がミュージカル映画であることを高らかに宣言するのである。

 

 

2.主人公とに変化する「」♪

f:id:nastokyo2017:20170315121404j:plain

 

 

なんといってもLA LA LANDもう一つの見所は色。
圧倒的色彩が放つ名場面の数々。
主人公のセバスチャンやミアも最初は売れることを夢見るがために着飾れなかった。
だが次第に成長するにつれ、衣装にも華やかに変化していく。

 

 

f:id:nastokyo2017:20170315121715j:plain

f:id:nastokyo2017:20170315122013j:plain

 

 

3.物語に描かれる現実

f:id:nastokyo2017:20170315121946j:plain

 


オーディションの回数を重ねるにつれ、心に傷を抱えるミアであった。
その一方で、思わぬ成功の機をモノにするセバスチャン。

だがそれは本当にセバスチャンのやりたい音楽では無く、

世間体を気にした型破りな音楽だった。

 

 


誰にも振り向いては貰えなかったが本当に好きなjazzで夢を追いかける姿に惹かれていったミアとはすれ違ってしまうことになる。

 

4.感動のラスト8分間

f:id:nastokyo2017:20170315122113j:plain

 


物語はクライマックスに・・・
セバスチャンが遂に念願のjazz barを開店しライブを行う。

 

そこにはセバスチャンが成功するまでの全てを思い返すような感動の8分間が凝縮されていた。

 

思わずポップコーンを口で挟んだまま食べれない人。さっきまで笑ってた観客。さっきまで涙を流していた観客。劇場で全員が立ち止まり時間を忘れるだろう。。。

 

これほど長く短く感じた8分間はデイミアン・チャゼル監督ワールドでしか体感出来ない。

 

これは是非劇場で観ることをおすすめします・・・w w w

 

5.監督別作品「セッション」と比較

f:id:nastokyo2017:20170315122438j:plain


LA LA LANDといえば、
デイミアン・チャゼル監督の最新作ですが。

 

アカデミー賞3冠の傑作が過去にあるのは、
知っていましたか?

 

そうです!これまたjazzが舞台になる作品です。

映画「セッション」これもヒット作です。

 

セッションとは?
アメリカの名門音楽校で鬼教師のスパルタ指導の元、主人公がjazzドラマーに成長していくシーンを描いたLA LA LANDとはまた違った体育会系の音楽シーンのストーリーです。

 

LA LA LANDが色彩と夢だとすると
セッションは白黒と現実が似合うと思います。

 

f:id:nastokyo2017:20170315122859j:plain

実はこの映画「セッション」での鬼教師役のJ.K シモンズがLA LA LAND

にも出演しているんです!!ww

 

 

セッションを見た人は(・∀・)ニヤニヤ止まりませんでしたね・・・w

 

てことで!セッションのレビューもまたどこかで記録したいと思います。

 

映画を観たあとは・・・

その他のおすすめはサントラも即買いしました!

オープニングを観たら必ず口ずさみたくなります。

 

La La Land [Blu-ray]

La La Land [Blu-ray]

 
Ost: La La Land

Ost: La La Land

 
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック